3万名以上が取得する日本酒の販売・提供資格

「唎酒師」は1991年に制定された日本酒の販売・提供資格です。飲食サービス業、酒類流通販売業に従事する方々を主に、これまで3万名以上の方々が認定を受けています。
また、現在は、約1万2千名の唎酒師が世界で活躍しています。
商標について

消費者視点を持つ飲食サービス業・酒類流通業必須ビジネス資格

「唎酒師」の育成カリキュラム、あるいは認定試験は‛消費者視点’をキーワードに構成、実施されます。消費者の支持を集めるサービス、販売に‘消費者視点’は欠かすことのできない重要な要素です。
この考え方に支持をいただき、飲食サービス業・酒類流通業に従事される方々、または将来的にこの分野での活躍を目指す方々の多くが取得される資格です。

飲食サービス業・酒類流通業従事者入門資格

「唎酒師」の育成カリキュラム、あるいは認定試験では、日本酒のみならず、酒類全般をはじめ飲食に関する基礎知識やサービスに関することもその範囲としています。これは、飲食ビジネスの特徴を踏まえ、これら幅広い知識に精通していなければ、飲食サービス・販売職において通用しないであることからです。
このように、日本酒のことのみならず、飲食サービス・販売職従事者に必要な能力を身に付けられることから、特に新卒、他業種などから新たにこの業界で活躍を目指す方々に支持されている資格です。

もっと日本酒を楽しみたい愛好家(一般消費者)も取得できる資格

「唎酒師」の受験資格には職業条件を設けておりません。よって、成人であればどなたでも受験可能ですが、最近では一般消費者である日本酒愛好家の取得も多く見受けられます。
カリキュラム、認定試験は販売・提供の職に従事される皆様と同じく、それらのプロとしての能力を身に付けていただきますが、そのことによって、一人でも多くの一般消費者の方に唎酒師を理解していただき、さらに、日本酒が適切に普及、拡大することになりますので当会としても一般消費者の取得を歓迎しています。

唎酒師の能力について