「2日間集中プログラム」とは

事前学習を経て2日間で集中的に受講受験

事前学習後、連続した2日間、会場で受講と受験を繰り返して唎酒師を目指すスタイルです。
2日間のプログラムは「対策講習→試験→対策講習→試験・・・」と直前の学習が試験に活かせるよう組まれておりますので、万全の準備で試験にお臨みいただけます。
また、不合格者の方への補習、再試験も2日間のプログラム中に行いますので、ご自身の弱点の把握やその克服もすぐに行うことができます。
※あらかじめ定められた時間に終了しない場合は、別途指定する試験日に再受験いただだきます。

プログラムの特徴

  • 事前学習と2日間で講習と試験を実施、短時間で資格取得
  • 専用ワークノートで効果的な学習をサポート
  • 合格時には認定証書等を即日付与

2日間集中プログラムスケジュール

2日間集中プログラムダイジェスト動画

1日目

1日目

09:30〜受付

09:50〜
オリエンテーション


10:00~11:30(90分)

10:00~11:30(90分)

※FBO公認資格共通講義

(すでにFBO認定会員の方は受講任意)

  • ・真のプロフェッショナルが行うべき「もてなし」
  • ・食品、酒類(飲料)全般の基礎知識

11:30~12:30(60分) 休憩・自習(お弁当をご用意しています)

11:30~12:30(60分)
休憩・自習(お弁当をご用意しています)


12:30~13:20(50分)第1次試験

12:30~13:20(50分)
第1次試験

もてなしの心、接客のあり方などに関する設問および食品・飲料全般の基礎知識に関する設問
※FBO認定会員は免除


13:20~15:25(125分)

13:20~15:25(125分)

  • 日本酒の基礎知識1:原料

  • 「米」「水」「微生物」について
  • 日本酒の基礎知識2:製法

  • 「発酵」「原料処理」「製麹」「酒母造り」「醪造り」「搾り(上槽)から瓶詰め」について
  • 日本酒の基礎知識3:表示

  • 「関連法規」「日本酒の定義」「製法品質表示基準」について

15:25~15:35(10分) テイスティングトレーニングの説明

15:25~15:35((10分)
テイスティングトレーニングの説明


15:35~15:55(20分)

15:35~15:55(20分)

 自主トレーニング 
テイスティング能力の向上を目的に、香材、水溶液などのトレーニング用教材をご用意しております


15:55~17:50(115分)

15:55~17:50(115分)

  • 香味特性別分類(4タイプ)の必要性

  • 日本酒の基礎知識4:香味特性別分類(4タイプ)

  • 日本酒の香味特性別分類(4タイプ)それぞれの特徴
  • 日本酒の基礎知識5:テイスティング

  • 4タイプ別の比較テイスティング①/劣化した日本酒の認識
    ※日本酒5種類、劣化日本酒2種類使用

17:50~18:10(20分)休憩(サンドウィッチを用意しています)

17:50~18:10(20分)
休憩(サンドウィッチを用意しています)

 自主トレーニング 
提案力の向上を目的に、香味特性別分類(4タイプ)教材を温度帯別でご用意しております)


18:10~19:15(65分)

18:10~19:15(65分)

    • 日本酒の基礎知識6:サービス

    • サービスの心得から料理との相性まで
    • 保存管理、容器(ボトル)、提供温度、酒器、料理との相性

※日本酒の香味特性別分類(4タイプ)と、料理との相性体験


19:15~19:35(20分)

19:15~19:35(20分)

 自主トレーニング 
テイスティング能力の向上を目的に、香材、水溶液などのトレーニング用教材をご用意しております


19:35~20:15(40分)

19:35~20:15(40分)

  • 日本酒のセールスプロモーション1

  • 消費者別
  • 日本酒のセールスプロモーション2

  • 季節別、料理のジャンル別
  • 日本酒のセールスプロモーション3

  • 香味特性別分類(4タイプ)別


20:15~20:20(5分)オリエンテーション

20:15~20:20(5分)
オリエンテーション

※第1次試験の合格者発表


20:20~21:30(70分)自習・個人指導(任意)

20:20~21:30(70分)
自習・個人指導(任意)

  • ※第1次試験不合格者について
  • 補講・再試験 20:30~(最終終了予定21:40)


2日目

2日目

08:30〜受付


09:00~9:50(50分)第2次試験

09:00~9:50(50分)
第2次試験

日本酒の基礎知識(商品特性・原料・製法・表示・歴史・香味特性別分類)に関する設問


10:00~12:00(120分)

10:00~12:00(120分)

  • 日本酒の基礎知識5:テイスティング

  • 4タイプ別の比較テイスティング②

12:00~13:00(60分)休憩・自習(お弁当をご用意しています)

12:00~13:00(60分)
休憩・自習(お弁当をご用意しています)

 自主トレーニング 
香材、水溶液などのトレーニング用教材
香味特性別分類(4タイプ)教材(温度帯別)


13:00~13:50(50分)第3次試験

13:00~13:50(50分)
第3次試験

日本酒の品質の評価、個性の抽出(香味特性別分類含む)および正常な状態と劣化した状態の日本酒の品質判定に関する設問


14:00~14:50(50分)第4次試験

14:00~14:50(50分)
第4次試験

日本酒のサービス、セールスプロモーションに関する設問(季節別、香味特性別分類(4タイプ)別の企画立案を含む)


15:00~15:50(50分)

唎酒師としての今後の課題


15:50~16:20(30分)合否発表および認定式

15:50~16:20(30分)
合否発表および認定式

※参加人数によって前後する場合がございます。

第2次試験、第3次試験、第4次試験不合格者について
補講・再試験:15:00~(最終終了予定19:00)
最終終了時刻で合格点に満たない場合は、後日再試験


※上記内容は予告なく変更させていただく場合があります
※すでにFBO認定会員の方は13:20からの参加となります

2日間集中プログラム 教材

事前送付教材

・テキスト「新訂 もてなしの基」※
・テキスト「新訂 日本酒の基」
・「SSI公認日本酒テイスティングノート」
・唎酒師ワークノート
※FBO 認定会員以外の方のみ配付。

講習会当日

使用教材

・香材約30種類、水溶液約5種類
・テイスティング用日本酒13種類
・劣化日本酒2種類
・相性体験用料理約5種類

学習支援ツール

動画配信サービス(オンデマンド)
・各商品の効果的な分類方法と商品特性
・食品・飲料の基礎知識
・はじめに
・日本酒の基礎知識編 Ⅰ 原料
・日本酒の基礎知識編 Ⅱ 製法
・日本酒の基礎知識編 Ⅲ 表示
・日本酒の基礎知識編 Ⅳ 歴史
・日本酒の基礎知識編 Ⅴ香味特性別分類(4タイプ)
・日本酒の基礎知識編 Ⅵ テイスティング
・日本酒の基礎知識編 Ⅶ サービス
・日本酒のセールスプロモーション編

ウェブサイト記載の内容以上をご確認されたい方は、合同説明会もしくは個別相談会にご参加いただくか、事務局までお問合せください。
詳細はこちら

お申込み FBOオンラインシステムヘ

クレジットカード

お申込みは当会が加盟するNPO法人FBOの受注システム
「オンラインクラブもてなしびと」をご利用いただきます。