唎酒師を取得するには、課題または試験の結果が合格基準に達する必要があります。
コースによって、「課題提出」または「受験」に分かれます。

合格基準 
合格率
 
課題提出 対象コース
eラーニングコース通信コース
 
eラーニングコース課題
正答率80%以上 
約92%(過去1年間の平均) 
課題内容&過去問題
 第1回 自動採点
・食品、飲料全般の基礎知識と有資格者のスタンスについて
1次試験 免除対象者
・FBO認定会員 ※SSI Internationalが認定する資格のみの保有者は免除対象外
・料飲サービス検定合格者(合格後3年間に限る)

 第2回 自動採点
・日本酒市場と唎酒師に必要な能力
・日本酒の基礎知識(原料、製法、表示、歴史、香味特性別分類)
・日本酒のサービス、セールスプロモーションについて

 第3回 課題提出
・日本酒のテイスティングに関する基礎知識
・テイスティングによる日本酒の評価
・劣化した日本酒の判定

 第4回 課題提出
・日本酒のセールスプロモーション考案

 課題出題例
課題を一部抜粋した出題例をご覧いただけます。
過去問題(出題例)
eラーニングコース
 
通信コース課題
正答率80%以上 
約84%(過去3年間の平均) 
課題内容&過去問題
 第1回
① 食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについて 
1次試験 免除対象者
・FBO認定会員 ※SSI Internationalが認定する資格のみの保有者は免除対象外
・料飲サービス検定合格者(合格後3年間に限る)
②日本酒の提供・販売面における問題点と解決策。日本酒の歴史

 第2回

③日本酒の原料、製法、表示
④日本酒のサービス


 第3回

⑤日本酒のテイスティング(教材②酒類と一緒にお取り組みください)
⑥日本酒のセールスプロモーション(教材②酒類と一緒にお取り組みください)


 課題出題例

課題を一部抜粋した出題例をご覧いただけます。
 ・過去問題(出題例)


※短期集中プログラムは、第1回から第3回までまとめて提出いただきます。

 

 
受験 対象コース
2日間集中コース1日通学コースオンデマンド受講コース 
 
試験(3コースとも共通)
正答率70%以上 
約70% 
試験内容&過去問題
 第1次試験(50分間)

出題範囲:『新訂 もてなしの基』
【筆記】選択式(一部記述式)
もてなしの心、接客のあり方などに関する設問および食品・飲料全般の基礎知識に関する設問

1次試験 免除対象者
・FBO認定会員 ※SSI Internationalが認定する資格のみの保有者は免除対象外
・料飲サービス検定合格者(合格後3年間に限る)

 第2次試験 (50分間)

出題範囲:『新訂 日本酒の基』
【筆記】選択式(一部記述式)
・日本酒の基礎知識
・日本酒の提供・販売面における問題点と解決策


 第3次試験 (50分間)

出題範囲:『新訂 日本酒の基』『テイスティングノート』
【テイスティングを伴う筆記】記述式(一部選択式)
・日本酒の提供・販売を行う上で必要不可欠なテイスティング能力について
・日本酒の品質の評価と個性の抽出(香味特性別分類(4タイプ)含む)
・劣化した状態の日本酒の品質判定


 第4次試験 (50分間)

【筆記】記述式 出題範囲:『新訂 日本酒の基』
・日本酒の季節別セールスプロモーションの企画立案
・香味特性別分類(4タイプ)別セールスプロモーションの企画立案


 過去問題

過去に実施した試験から一部抜粋した問題例をご覧いただけます。
過去問題(出題例)