日本酒人気急上昇!今こそ求められる日本酒のソムリエ「唎酒師」

日本そして世界で。日本酒人気急上昇!
今こそ求められる日本酒のソムリエ「唎酒師」

「今、日本酒が日本そして世界で注目されています。
人口の減少や高齢化、さらには若者層の酒離れの影響、デフレの長期化などで酒類全体の生産量・消費量が減少している中で、日本酒が人気を博しており、国内外からも注目を集めているのです。
酒類全体の動向と同様に全体数量は減少しているものの、日本酒の輸出量は、この10年で倍増。輸出総額も2015年は前年比約110%増の120億円を超えました。今やニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、香港など、世界の大都市で、和食や寿司と共に、大吟醸や純米酒が飲まれており、スタイリッシュでクールな飲み物SAKEとしてブームと化しているのです。

さらに特定名称酒は、平成25(2013)酒造年度では前年比103.5%増となっており、特に純米酒6.1%増、純米吟醸酒12.1%増など、いわゆる高級酒に人気が集まっています。また、スパークリングタイプ、無濾過生原酒、夏酒などと呼ばれる新たな商品の登場、日本酒バー、日本酒バルなどこれまでにない業態の台頭、1000名以上の規模となる試飲会やイベント、新たな旅の動機となった酒蔵ツーリズムなど、これまでにない商品や活動が広がり、若者や女性層からの支持も急増しています。

このように日本酒が活況した理由はさまざま挙げられますが、専門用語が多く難しくなりがちな日本酒を、わかりやすさ、選びやすさを重視した提供を行うようになったことが大きいと考えます。そして、それを実行するのが日本酒のソムリエ唎酒師なのです。
日本酒は、種類によって飲用温度や酒器を変えたり、料理の組合せをきちんと提案するなど効果的なサービスとセールスプロモーションを実行してこそ、真価を発揮できる商材です。
今こそ、効果的なサービスやセールスを学習し、日本そして世界で活躍できる唎酒師を目指してみませんか?


酒類資格取得者数No.1 !の実績と信頼
日本酒のソムリエ「唎酒師」」

「唎酒師の使命は、お客様に日本酒を存分に楽しんでいただくことに尽きる。」(テキスト『新訂 日本酒の基』より)
唎酒師こそが、セールスプロモーション企画力・サービス技術力をもって、日本酒に付加価値を添え、日本酒を日本が誇る商材として扱えるプロフェッショナルといえます。
日本酒が世界的にも注目をされている今、日本酒が世界で愛飲される酒となるように、唎酒師が活躍すべきなのです。
※NPO法人FBOが公認する酒類資格のうち。


カリキュラム紹介

まず「飲食を提供・販売するプロフェッショナルとしての共通の能力」を身に付け、そのうえで「日本酒を提供・販売するプロフェッショナルに特化した能力」を学びます。

お客様の視点に立ち、何が日本酒の魅力であるのか、どのようにしたら日本酒をこれまで以上に楽しんでいただけるのか、その答えを見つけるためには、日本酒の基礎知識はもちろんのこと、「もてなしの心」、さらにはそれらを踏まえたセールプロモーションが不可欠です。

このことから、唎酒師のカリキュラムは、学びのすべてがセールスプロモーション能力の向上につながるよう構成されています。
「大吟醸酒」「純米酒」「吟醸酒」さらには「生酛」「山廃」「日本酒度」など、日本酒のラベル表示事項は、専門用語が多く一般消費者が日本酒を選択する指標としてふさわしいとは言えません。

当会では、20,000種類以上の日本酒テイスティングを繰り返し、「香り」と「味わい」の要素から、4つのタイプに分類できることを明らかにし、「日本酒の4タイプ分類」として提唱しています。


唎酒師になるためのプログラム

通信プログラム

時間や場所を選ばず資格取得
人気のプログラム!3ヵ月間かけて課題を3回提出します。専任の添削講師による的確なアドバイスで合格までサポート。
詳しく見る

2日間集中プログラム

事前学習を経て2日間で集中的に受講受験
講義と試験を2日間で行います。予習時間が取れて、短期間で効率的に合格したい方向けです。合格者には認定証書等一式を当日お渡しいたします。
【時間】1日目 9:45〜20:00・2日目 9:00〜17:00
詳しく見る

受験プログラム

時間や場所を選ばず学習
在宅コース
自身で学習し、ご希望の会場で受験します。ご自宅等ではなかなか難しいテイスティング学習も、専用のテイスティング教材でカバーします。
【期間】平均1ヶ月
詳しく見る
1日かけて重点項目を学び試験対策
1日通学コース
講義と試験をご希望の会場で受けます。講義ではテイスティング学習や料理との相性体験を通して、しっかりスキルを身につけることができます。
【時間】8:50〜18:30
詳しく見る

関連記事

  1. 唎酒師合格者の声

  2. 教材のご案内