「通信プログラム」とは

ゆっくり集中して自分のペースで学べる!

資格試験なしで、唎酒師になれる人気のプログラムです。教材がご自宅に届いたら、映像教材とテキストを使用して学習していただき、課題に取り組んでいただきます。記入した課題はFBO事務局に送っていただき、専任講師が基準に達しているか添削し、返却いたします。課題は全3回、すべての課題が基準に達すれば合格となります。
申し込みから唎酒師合格までご自宅での作業となりますので、講習会場から遠くにお住まいの方や、決まった時間が取れないという忙しい方によく選ばれています。

プログラムの特徴

  • 全3回の課題をクリアすると合格!
    ※基準に満たない場合は、スタート月より1年間であれば合格基準に達するまで指導します
  • 専任講師のわかりやすい添削と講評で理解が深まります
  • 「1日受講コース」が1回受講できる特典付き

毎月1日からスタート

通信プログラムは毎月1日からのスタートとなります。
※受付締切:毎月25日

通信プログラム課題内容

<第1回>

①食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについて
②日本酒の提供・販売面における問題点と解決策。日本酒の歴史
※FBO 認定会員以外の方のみ

<第2回>

③日本酒の原料、製法、表示
④日本酒のサービス

<第3回>

⑤日本酒のテイスティング
⑥日本酒のセールスプロモーション

通信プログラム 教材

教材①

・テキスト「もてなしの基」※
・テキスト「新訂 日本酒の基」
・「SSI公認日本酒テイスティングノート」
・課題/解答用紙
※FBO 認定会員以外の方のみ配付。

映像教材

・オンデマンド配信
※ご希望の方に限りDVDまたはUSBメモリーにてご用意いたします。

確かなテイスティング教材

テイスティング教材は、日本酒を味わいと香りで分けた4タイプの日本酒と、日本酒の品質管理を理解するのに必要な劣化酒が送付されます。
どちらも、唎酒師に必要なノウハウをマスターするために開発した教材です。
※万が一、1回のテイスティング教材で理解ができなかった場合、追加購入も可能です。

教材②

テイスティング用
日本酒

※開始時より2か月後に配送いたします。
・香味特性別(4タイプ)4種類
・劣化日本酒(老香、日光臭)2種類
・添削用日本酒(2種類)

映像教材の内容

・各商品の効果的な分類方法と商品特性
・食品・飲料の基礎知識
・はじめに
・日本酒の基礎知識編 Ⅰ 原料
・日本酒の基礎知識編 Ⅱ 製法
・日本酒の基礎知識編 Ⅲ 表示
・日本酒の基礎知識編 Ⅳ 歴史
・日本酒の基礎知識編 Ⅴ香味特性別分類(4タイプ)
・日本酒の基礎知識編 Ⅵ テイスティング
・日本酒の基礎知識編 Ⅶ サービス
・日本酒のセールスプロモーション編

お申し込み FBOオンラインシステムに移動します

クレジットカード

お申込みは当会が加盟するNPO法人FBOの受注システム
「オンラインクラブもてなしびと」をご利用いただき承ります。

その他の取得方法

在宅受講

2日間集中

1日受講

分割受講